起業家インタビュー『WEBデザイナー 遠藤雅士』

CHAINSでは、起業家と投資家の安全、安心な出会いの場を提供するだけでなく、起業家さん、投資家さんにインタビューをして、起業のことや投資のことを学んでいきたいと考えています。

そんな起業家インタビュー、記念すべき第1回目は、静岡でWEBデザイナーをされている遠藤雅士さんです。

起業家インタビュー『WEBデザイナー 遠藤雅士』

現在の事業内容(活動内容)を教えてください

遠藤現在はWEBデザイン事務所Graspaとして、WEB制作を通じた企業の販売促進事業を行っています。
『WEBサイトは作っただけでは全く意味がない』を根底においた考え方で、一度制作を承りましたら、その後のWEBの運営からサポートまでを一貫して行うというところに重点を置き、その会社様の『WEB担当』になったつもりでのお付き合いを心がけ、集客に貢献できるよう努めています。
あとは自らのブログの運営による広告事業と、これからネットビジネスや広告ビジネスを始めたいという方のアドバイザーとしてもマネタイズしています。
WEBデザイン、広告制作、ブログ運営など、基本は少数精鋭でPC一つで売り上げを上げれる事業をベースとした事業を展開しています。

起業のキッカケを教えてください

遠藤起業のきっかけは、単純にやりたいことがたくさんありすぎて、全部やるにはサラリーマンではだめだと感じたからです。
今まで勤めていた会社で自分の能力も開花せずに終わるのはもったいないとも感じました。
あとは勤めていた時に、すでに副業として3年ほどWEBデザインの仕事をしていました。
そちらの活動が軌道に乗りそうなタイミングで独立をしましたので、様々な良いタイミングが重なり、独立したという経緯です。

起業するにあたり、自己資金以外で資金調達をしたりはしましたか?

遠藤いえ、起業するのに不必要だと感じた車を売却したくらいで、とくに資金調達はしていません。
もともとの基本理念として、
『初期投資がかからない』
『ランニングコストがかからない』
『在庫をもたない』
『インカムゲインが得られる』
というのを意識しています。

現在はWEBデザインなどをされているようですが、集客はどのようにして行っていますか?営業をかけたりなどはしていますか?

遠藤主な集客方法は、ブログとSNSと自社サイトと口コミや紹介です。
常に発信するということは心がけています。
特に営業をかけたりはしません。
自分から出向いて営業をかけるPUSH型のスタイルは、少数で活動している僕にとっては非常に生産効率が悪いと感じています。
基本はWEB上で集客するPULL型のスタイルを意識しています。

最近はVALUやクラウドファンディングなど、資金調達をするためのサイトがたくさん出てきていますが、そういったサイトで資金調達をするためには何が大事だと思いますか?

遠藤信用です。
自分が出資する立場でしたら、信用できると感じた人にしか出資しないからです。
VALUやクラウドファンディングはお金をもらうという仕組みなのではなく、信用をお金に換えるものだと認識しています。

今後の目標を教えてください

遠藤【静岡の仕事人】というWEBサイトを立ち上げたいと考えています。

このプロジェクトの目的は、自分の地元静岡に何万人といる個人で働く個性溢れる仕事人にフォーカスが当たり、静岡の雇用と生産性に貢献することです。
また、企業に属さず自分のスキルで戦う仕事人を発信していくことで、学生や若者の独立・起業意識の促進に繋げることも目的の一つとしています。

掲載させて頂く仕事人の方々は、それぞれの仕事に対する想いや経営理念などを世の中に発信していくことができます。
そしてそれぞれのサービスをWEB上で提供することも可能です。サービスを提供できるだけではなく、当サイトを通じて発注先の検索、求人の募集などにも
ご活用いただくことが可能となります。

このように静岡のフリーランスや個人事業主にフォーカスが当たるような事業を立ち上げ、地元の雇用や経済活動の活性化に貢献したいと考えています。

起業家プロフィール


名前:遠藤雅士

屋号:Graspa【グラスパ】

設立:2017年4月1日

趣味:スポーツ(サッカー、フットサル)、読書、楽器、金融市場や経済について考えること

<公式サイト>
WEB制作のGraspa

<Twitter>
https://twitter.com/Graspa_endo

<VALU>
https://valu.is/masashi9852

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
Pocket